嘘のすゝめ …

  1. 嘘のすゝめ ... 凋叶棕 6:54

ねぇ、どうして、泣いているの?/呐,为什么,你在哭泣呢,

何が、かなしくて、泣いているの?/因为怎样的悲伤,而哭泣着呢?

嘘を吐かれて、傷つけられて。/由于他人的谎言,受到了伤害,

しゃくりあげながら、泣いているの?/所以才会这般泣不成声么?

自分の未来と夢を否定され、/自己的未来与梦想遭到否定,

どうしようもなくなったその果てのこと?/但却无能为力,是因为落到这样的结局么,

ねぇ、私にだって、どうしようもなくて。/呐,其实我呢,也有无可奈何,

泣きたいときだってあったんだよ。/只想哭出来的时候呢,

でも、私は自分で決めて、/但是,我向自己保证过,

「泣き虫」は、やめたのよ。/「爱哭鬼」什么的,不要成为那样,

きっと、私も、そしてあんたも。/一定,可以的,我们两个,

数え切れない嘘の一つに、踬いただけ。/将数不尽的谎言,一个接一个地跨过,

だけど、/因此呢,

何も言わないで。哀しい目を伏せて。/请什么都不要再说,只抹去眼中的哀伤,

泣かないで、ねぇ。/请不要再哭了,好么,

あんたが泣いてると、私だって、泣きたくなるから。/如果你再哭的话,就算是我,也会跟着一起哭起来,

ねぇ、笑っていてよ。/所以,笑一个好么,

ねぇ、嘘は、悪いことじゃないのよ。/呐,谎言呢,其实也并不是不好的东西,

自分を守るための手段なんだから。/只是为了保护自己而采用的手段,

人を幸せにすることだってできる筈だから。/既然能够让别人得到幸福的话,

たとえ嘘でも、笑っていてよ。/即便是谎言,也笑着去面对吧,

自分のために、嘘をついて、/为了自己还能活下去,生きていこうよ?/就说这一次谎吧?

自分にとって尊い何かを、傷つけられて生きていくより/与其为了活着而让对自己来说珍贵的东西被不停地伤害,

その身の限り、力の限り、精一杯抗おうと、/不如赌上身体与力量的全部,努力地去抗争,

偽りを作り上げ、骗ること。(事実をゆだめて、骗ったとして)/作出虚假的事物,就是欺骗 (将事实歪曲,进行欺骗),

それを谁が、どうして、贬せるだろうか。/无论是谁,为了什么,都会觉得不光彩,

だから、所以呢何も言わないで。哀しい目を伏せて。/请什么都不要再说,只抹去眼中的哀伤,

泣かないで、ねぇ。/请不要再哭了,好么,

明日に向かって、また歩いていくために/还要向着明天继续前行,为了这个,

ねぇ、笑っていてよ。/呐,笑一个好么,

ねぇ、嘘は、悪いことじゃないのよ。/呐,谎言呢,其实也并不是不好的东西,

幸せになるための手段なんだから。/只是为了获得幸福而采用的手段,

嘘で幸せになることが出来る筈だから。/既然靠着它可以得到幸福的话,

たとえ嘘でも、笑っていてよ。/即便是谎言,也笑着去面对吧,

明日のために、嘘をついて、進んでいこうよ?/为了还能向明天前进,就说这一次谎吧?

―わたしは務めを果たしただけなのに。/—我明明只是想尽自己的职责,

善きことをしたはずなのに。/明明只是想做一份善行,

―どうして。/—到底为何,

あの人たちの視線は、わたしを、畏れていた。/他们的视线,会恐惧着我,

あの人たちの言葉は、わたしを、疎んでいた。/他们的话语,会疏远着我,

人ならぬモノを見るように。/就好像不把我看作人类似的,

皆が、/大家都,嘘を吐きながら、「真実」を捻じ曲げ、/堆砌着谎言,歪曲着「真实」,

幸せになるなら。/为了能够得到幸福,

あんたもやればいい。/那么你也这样做吧,

思いっきり、嘘を吐けばいい。/想要说谎的话,尽管说好了,

だからもう、泣かないで、泣かないで…/所以,请不要再哭了,不要再哭了…,

何も言わないで。哀しい目を伏せて。/请什么都不要再说,只抹去眼中的哀伤,

泣かないで、ねぇ。/请不要再哭了,好么,

あなたが泣いていると、私だって、泣きたくなるから。/如果你再哭的话,就算是我,也会跟着一起哭起来,

ねぇ、笑っていてよ。/所以,笑一个好么,

わたしたちが歩いていくこの道が、/我们既然踏上了这条道路,

歪みきってたとしても、進むしかないなら。/就算它将变得歪曲,也只有继续前进,

嘘にまみれたって、生きていく道を選んでも、/就算选择了一条,充斥着谎言的道路,

わたしには、それでもいいんだ。/对我来说,这就已经足够,

精一杯の、笑顔を、見せてよ。/努力地,笑一个,让我看看吧,

…嘘でも、いいから。/…就算是谎言,也无所谓。

 

“嘘のすゝめ …”的一个回复

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注